田川市のいいかねpalette で宇宙人のシーンのリハーサルを行う。
北九州と博多からそれぞれ車で向かい途中北九州の車のバッテリーが上がるハプニングがあったものの撮影やリハーサルにはハプニングが付き物なのでまあそういうこともあるよね、と言う感じでハプニング慣れしてきた。でとにかく無事に11.00からスタート。

今回の主要な目的はシナリオ作り。撮影でも利用するだろう撮影地を現場で見てもらってそこから創造性を膨らませて出演者でシナリオの土台を作ろうと言うことである。

まずはシナリオの大きな流れを把握して自分たちの出演するシーンを全体の中から想像する。その後それぞれ役の関係性、自分が映画の中にいれたい絵は何か、それぞれの役者のパーソナリティー、描き方などを話し合う。

間で演劇と映画の違いは何か?
映画の成り立ちなどの話を加えながらワークは進む。

途中、頭が固まってきたので卓球というレクをやったり、ちょっとした動きのワークをやってみる。

劇的に描かないでいかに劇的にするか、を根本的には考えながら何とかシーンの土台を作る事が出来た。
今後は一ヶ月くらいでこれを元にシナリオをあげてリハーサルへと進む予定。

撮影は田川地域、小倉周辺になる予定である。
今回、ワークショプの場所を想像力が働くようなところでやってみたが場所が違うだけでこんなにも違うのか、という発見があり、あらためて場力を考えた8時間であった。