(作品について)
 今回の作品は短編映画として先ずは完成させます。
そして海外の映画祭に出品します。あくまでも海外です。

そして第1作と合わせて長編映画として合わせてまた編集し直しこれも海外の映画祭に出品します。

出品する際、このプロジェクト自体、毎回 毎回アップしているこの活動自体も評価の対象になっています。助成金なども活動実績が認められて初めて得ることが出来るので当たり前のことをコツコツ積み上げて行く事が大事だと思っています。これが海外への最短距離です。目指すのは世界市場です。このグローバルな世界で日本のレベルに合わせる必要はないので目指すはあくまでも世界です。

(活動資金について)
 日本ではお金の事について話すのは卑しい、とかよくない、とか言う風潮がどこかにありますが活動や日常生活を回して行く上でお金は大切なものなのでここでは積極的に話していきたいと思います。

平均すると今までにワンシーン10万円位かかっています。s14は長回しで撮影したいと思ってましてプロの撮影監督を頼むと一日のギャラだけで多分10万円位かかります。 初期投資という事で自分は今出していますが当たり前に出費しているわけではなく有意義な投資をしたいと思って出しています。

人であれ物であれ一番避けたいのは投機(有効に使われないお金)です。「金は天下の回りもの」と昔の人はよく言ったもので出したお金が有効に使われ大きくお金を回す事が理想な形です。関わった皆様には、このプロジェクトを有効に使って今後の活動に活かしてもらえたらと思っています。