1)
最初にして最高傑作

1895年にリュミエール兄弟がパリのグラン・カフェ地階のサロン・ナンディアンで映像などを人々に有料公開(世界初の映画館ともされる)した世界最初の実写映画『工場の出口』また『ラ・シオタ駅への列車の到着』などを見る。

その感想、気付いたことなどについて話し合う。
・初めてみたものが動くのを目撃したお客様はどう思っただろうか?
・撮る側も面白くなって色んなものを撮りまくったに違いない。
・動物、赤ちゃんなど予期せぬ行動をとる被写体を予測可能な人の撮影ともに意図的に入れている。
・出演者がカメラの方を見ていない。
etc

2)
どんな役でも対応出来る身体、声作り


・頭部から爪先までしなやかで素直に反応出来る身体を作る為に頭部から身体の部位を意識しながら柔軟をする。
頭、肩、胸、腰、足、指、顔を意識しながらほぐしていく。

3)
色んな声を出してみて作ってみる。


高い、低い、太い、細い声。

声を動かす(呼吸を意識しながら)
・右から左へ上から下へ

4)
創造性を働かせる(エチュード)


・朝起きたら霧の中、立ち上がる。やがて勇気を出して一歩一歩歩いて行く。