本日は最終シーンのロケハンに来た。多分ここが内容的にベストだと思っている。

シーンのラストはミコトとサナがその内なる力を覚醒する所で終わるのですが中華街はまさにその混沌さと得体のしれない力が集約している場所のような気がする。

この映画のラストシーンとしては最適な場所ではないかと思っている。

ここであゆみが音楽をかけながらダンスの練習をして踊ってる。

そこにはるかが偶然通りかかる。


「あれっ久しぶりだねー」とか言いながら何年振りかで二人は出会う。

そしてどっかでゆっくり話そうと言うことで中華街の方に向かって歩いていく。

二人はお店に向かっていくがその背後にミコトとサナがついていく。

カメラは追う、追われる、を捉える。

株式会社 ロウロウジャパン

何も知らない二人は店に入って昔話に花が咲いて盛り上がる。

そこにミコトとサナが突然現れる。

と流れに書くとこういう感じである。